2008年04月06日

未だ直らず

サスペンドというかスリープという機能ですね。
VISTAのこの大変便利な機能が使えなくなってしまいました。
僕のパソコンは机の下にしまっているので本体のスイッチを押すのに椅子から落っこちそうな体勢を取らなきゃならない。
スリープからの復帰はマウスボタンやキーボードを押せば良いのでこれも重宝してました。

ゼロからの電源オンは時間がかかるしボタン押すのがめんどいし、最近は家に帰るのが12時近くになってるのでここのところ家のパソコンを使っていませんでした。

さてこうなってしまったのはハードディスクとUSBボードを増設したからです。
そこで先週この2つの装置を外してみました。

でも直らない...
いったん復帰はするものの1分程度で不安定になって落ちちゃう。
デバイスマネージャーを見てもビックリマークが付いてる箇所も無いので何が悪いのか見当が付かなくなってしまいました。

スリープ機能以外は使えていたのでまた再設置してとりあえず使ってますが、時間をとって原因を調べ対策を取りたいと思っています。
posted by スイカ太郎 at 21:42| Comment(2) | デジタルギア

2008年03月23日

ハードディスク増設

先日会社からリース切れのパソコンをお安く手に入れました。
家族用に使っていた自作パソコンと入れ替えて使うためです。
自作パソコンはバラして使える部品だけ取っておこうと思いましたが、残ったのはハードディスクと増設のUSB2.0ボードのみ。
僕の使ってるVISTAマシンは250GBのハードディスクを積んでいるのですが、最近空き容量が100GBを切っちゃって、このハードディスクを増設してやろうと思い立ちました。

取り出したハードの容量は120GB。ちょっと不足ぎみ。
パソコンの中身をいじるのは非常に久しぶりなので、説明書を読んでみるとどうも描いてる絵と自分のハードのコネクターが違う。
どうも時代が変わっていて、ハードの接続はウルトラATAからシリアルATAと呼ばれるものに変わってしまっていたのです。

そのままじゃ使えそうにないので、変換コネクターみたいなものはないかネットで探しました。
すると増設用ボードに挿して使うウルトラATA用のインターフェースボードなるものが見つかりました。

約2300円。微妙に高い。120GBの増設で2300円。
ちょっと考えて新しいハードを買うのはどうだろうと思い立ちました。
調べると500GBのハードが9千円弱。
思っていたほど高くない。
ちょっとだけ延命するよりは1万円だして大増設した方が良いのではないか。
既に旧パソコンからの部品流用という当初の目的がずれてしまいましたが、500GBのハードを買うことにしました。

何故か予定より2日遅れでハードが届き、早速VISTAマシンの説明書の絵を見ながら取り付けました。
スイッチオン。
認識しない。
VISTAマシンの増設は大概挿しとけば自動でやってくれるものだと思っていたのですが、そうでもないみたい。
ちょっと考えたのですが、どうも僕はハードを増設するとき、電源のケーブルしか挿してなかったような気がする。
説明書にはハードディスクをパソコンの中に取り付ける絵はあったけど、ケーブルを挿してる絵はなかった。
買ったハードにはまったく説明書がなく、またホームページ上の説明書も全て英語で読む気なし。
だから1本の線で電源とデータを兼ねているのかと勝手に思っていました。
これはシリアルATA用のデータケーブルを別途買わなくてはいけないものらしい。

次の日早速アキバに行ってこれじゃないか?と思うケーブルを850円で買ってきました。
挿してみましたがまったく認識せず。
電源ケーブルだけの時と反応は変わりません。
VISTAでの操作はネットの情報で書いてることはやったつもりです。

そういえばBIOSいじってないな。

BIOSとはウインドウズの上位に位置するOSで、電源を入れてすぐにF2キーを押すと出てくるMS-DOSみたいなコマンドラインの画面で操作するヤツです。

そう思って説明書のBIOS部分を読んでみるとシリアルATAの装置はBIOSでON/OFF操作をしておかないと認識しないらしい。
そういう事はハードの増設の箇所に書いといてくれよー。

そこでBIOSを操作するとやっとハードを認識してくれました。
あとはフォーマットもでき、無事に使えるようになりました。

ところでVISTAにはサスペンドという非常に便利な機能がありまして、これは完全に電源オフにせずに、使いたい時にすぐにVISTAが起動する状態にする機能です。

ハードを増設してからどうもこのサスペンドが調子悪い。
再起動時にエラーのブルー画面になってしまい、ホントの再起動になってしまうのです。
これは是非とも何とかしないと←いまここ
posted by スイカ太郎 at 19:13| Comment(2) | デジタルギア

2008年02月11日

BOSE

BOSEのヘッドフォンを買っちゃいました。
ちょっと前までオーディオテクニカのヤツが圧迫感なくて良かったので使っていたのですが、娘のピアノ練習用とか言って取られちゃったので悶々としていました。

それも限界が来たので買う事にしまして、重低音の魅力という理由でBOSEを選びました。
約2万4千円。高けー!
「どうせ聴くのはアニソンなんだから」と美人妻に罵られましたが・・・まあその通りなんですが、その内趣味が変わるかも知れないじゃあないか。

娘に見せたら「顔に見える」というのでよく見ると、
BOSE.jpg
なるほど少々情けない顔に見えます。いいセンスしてるね!
早くも取られそうな雰囲気なんですが、これは死守したいです。

posted by スイカ太郎 at 21:51| Comment(0) | デジタルギア

2007年07月07日

コピーワンス規制緩和

デジタル放送番組、コピー9回までOK…総務省が要請へ

> デジタル放送のテレビ番組をDVDレコーダーに1回しか録画できないよう、特殊な信号を使って制限している「コピーワンス」について、総務省は6日、DVDなどに9回までのダビングを認めるよう、放送局などに要請する方針を明らかにした。
> 来年にも大幅に緩和され、家電メーカーは対応する機種を販売する見通しだ。録画した番組を編集したり、同じ番組を複数のDVDなどにダビングできるようになり、視聴者の利便性が高まるとみられる。

やっぱ無くなるのかコピーワンス。
コピーに制限なんて面倒くさいことこの上ないもんなあ。
こういう事があるから2011年ギリギリまでデジタルAV機器は買い控えたかったのになー。
買っちゃったよ、HDD付テレビ。



>すでに販売されているDVDレコーダーは、機能面でコピーワンスの制限緩和に対応していないため、従来と同じく1回の移し替えしかできない。


この規制緩和は来年ということなので、それまで非対応の機器はまったく売れなくなると思うんですがどうよ。
東芝のHDD付テレビは電波でアップデートプログラムをダウンロードできるみたいだから、ひょっとしてひょっとすると、後付で対応できるかも知れない。
というかそう思わないとやってられない。

しかしこの9回という半端な数字は何ですか。

> 要請でダビングの回数を9回までとするのは、家族3人の平均的な世帯で各自がDVD、携帯電話、携帯型音楽プレーヤーなど3種類の機器にダビングできるようになり、「個人で十分に楽しめる範囲」と判断したためだ。

はあ?
同じ番組を家族3人がそれぞれ別個にダビングするなんて有り得ないだろ。
何かもっと他に秘密の理由があると見ました。
posted by スイカ太郎 at 15:20| Comment(2) | デジタルギア

2007年06月26日

テレビ買っちゃった

何かすごい悩んだんですがテレビ買っちゃいました。
地デジが見れてHDD内蔵の薄型テレビが良かったんですが、そうすると候補が2つありました。
東芝REGZA 32H3000(32)
日立Wooo P37-HR01(37)

東芝のREGZAは32型の液晶テレビで、約13万円。
日立のWoooは37型のプラズマテレビで約19万円。(脚付で)

元々東芝のREGZAにしようと思っていたんですが、Woooが対抗として浮上してきました。
日立のWoooはプラズマの割りに安いし、HDDの内容をDVDレコーダーにムーブできる。
東芝のREGZAは安くていいんですが、HDDに録った内容はその機械でしか見れないという弱点がありました。

すごい悩んで、一時はアップスキャンコンバータでパソコンのモニターをテレビ代わりに使ってもいいじゃん、と迷走してしまいましたが、結局東芝のREGZAに決めました。

決め手は初志貫徹といった所でしょうか。
手持ちの東芝製HDDレコーダーがお気に入りという事もあります。

本日無事届きまして、残業もほどほどに早めに帰ってセッティングしました。
あー地デジいいわ。綺麗。
満足度高いです。
posted by スイカ太郎 at 22:09| Comment(0) | デジタルギア

2007年06月18日

テレビ

我が家には3台のテレビがあるんですが、最近どうも調子悪い。

14型のテレビはチューナーがいかれてて、ビデオにつないで外部入力にして使っていました。
それが最近、画面が黄色っぽくなってしまいました。
緑と赤は表示されるので、どうやら青色が出なくなってしまったようです。

いずれ買い換えなくてはと思っていたところに今度は23型のテレビの電源が入らなくなってしまいました。
赤いパイロットランプは点いているんですが、リモコンの電源ボタンを押しても画面が点かないんです。
リモコンを変えてもだめ。


2台同時に逝ってしまうとは...


対策を講じなくてはなりません。
アナログテレビは2〜3万くらいで売ってるんですが、あと4年で実質使えなくなっちゃうんじゃあ買う気も起きません。

自分の部屋にある液晶テレビをリビングに持っていくという手があります。
この場合隠れてアニメが見られなくなっちゃうので、何とかしなくてはいけません。

パソコンのモニターは使えないでしょうか。
テレビチューナー付きのアップスキャンコンバーターなるものを買えばテレビもビデオもパソコンの電源を入れずに見ることができそうです。
値段も1万円を切ります。
取りあえず安価にやり過ごすには良さそうです。

しかし流行の薄型大画面テレビも欲しいよなー。
前々から何となく欲しいなーと思っているのは東芝のレグザ。
欲しいクラス(REGZA 37H3000)だと最安でも20万はするんだよなー。
フルHD液晶で300GのHDDが内蔵されてて増設も出来るというスグレモノ。
32型まで落とせば13万円だけどフルHDじゃなくなっちゃう。
この辺で手を打つべきなのか。
こないだパソコンを14万で買ったばかりなのに...
posted by スイカ太郎 at 19:07| Comment(0) | デジタルギア

2007年01月10日

TOSHIBA REGZA 37V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョン液晶テレビ 37Z2000

価格.comで液晶テレビを物欲しげにサーチしてたんですが、人気ランキングトップの機種がかなり良さそうでした。

TOSHIBA REGZA 37V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョン液晶テレビ 37Z2000

まず第一にフルハイビジョンなこと。
次にブラウザがついててパソコンいらずでネットができること。
さらにLAN接続された市販のハードディスクに録画ができること。

何だかとっても機能が充実してるんです。
それでいて他機種よりバカ高くない。

もし...もし新たにテレビを買うことになったらこれを買ってしまうでしょう。

posted by スイカ太郎 at 21:53| Comment(0) | デジタルギア

2006年12月11日

コンパニオン2 series II

パソコン用のスピーカーを買っちゃいました。

元々パソコン用のスピーカーは好きじゃなかったんです。
だいたい出てくる音といえばウインドウズの起動音や警告音ばかり。
そんなのわざわざ電力使って聞きたくないわ。

と、思っていたんですが、最近YouTubeなどで長時間音を聞く機会が増えてきました。
ヘッドフォンは長時間使ってると耳が痛くなるのでスピーカーが欲しくなってしまったのです。
音が出るだけでいいなら1000円も出せばアンプ付きのスピーカーが買えます。
しかしここで悪魔の囁きが。

「お前はそれで満足なのか。」

そういえば僕の部屋にはipodをスピーカーで聞く機器がありません。
「入力はPCとipodの2系統欲しいな。」
あと1000円のスピーカーはどうしても音がちゃちいのではないかと思い始めてしまいました。
「不満足な音だと後から聞かなくなってしまうぞ。」
わかった、わかりましたよ我が内なる声よ。

コンパニオン2 series II

これなら文句あるまい。
BOSEにしては安いしコンパクトで置き場所も確保できる。
音もいい、重低音が最高だ。
PCスピーカーにしては珍しく入力が2系統ある。

ま、結構高かったけど満足ですよ。
posted by スイカ太郎 at 18:52| Comment(0) | デジタルギア

2006年08月14日

モバイル動画2

携帯に動画を取り込むのにはまず元になる動画を仕入れなくちゃなんない。
僕のパソコンにはテレビチューナーやテレビキャプチャー的なものがないので、LAN接続している東芝のHDDレコからリッピングしてくるしかない。
探してみると案外簡単にフリーソフトが見つかった。
VirtualRD for Windows
説明が簡単すぎてよくわからなかったけどソフトを起動させたら後はHDDレコからネットdeダビングという操作をすれば勝手にmpg(エムペグ)画像にしてくれるらしい。
1分30秒の動画が55メガ程度のデータになった。

さてこれを携帯電話用に変換しなくちゃならない。
まずは週間アスキーで読んだ事のある
携帯動画変換君
というフリーソフトをダウンロード。
readmeを読んでみるも何が書かれているのかさっぱりわからない。
まあしかし操作自体は非常に簡単。
ただし携帯電話ごとに設定が分かれているためどの設定を選べばよいかという事のようだ。
僕の携帯の機種はD701iwm
といってあまりメジャーな機種ではないのでずばりこの設定というものはない。
携帯のマニュアルを読むとMP4かASFという形式に変換すれば良いらしい。
とにかくそういう名前のファイルに変換する。
ファイル容量は55メガから3メガに。
携帯のメモリーに転送してみる。
しかし認識してくれない。

3gpというファイル形式にしたら携帯が認識してくれた。
たぶん名前の付け方がよかったんだろう。
これは後からわかった事だけど、半角英数字8文字以内のファイル名にしないといけなかったようだ。(実はココがキモ)
いまどきファイル名に縛りなんか付けんじゃねーよ。

こうして無事僕の携帯電話でipodと同じ動画が見られたのでした。
しかしMP4って音が悪いと思うんだけど僕の設定が悪いのか?
posted by スイカ太郎 at 20:03| Comment(0) | デジタルギア

モバイル動画

アップルのipodも第五世代まで出てるんです。
第五世代の売りは大容量ハードディスクと動画再生ですね。
30GBと60GBのモデルがあってそれぞれ3万と4万円位で売ってます。

最近アニメをよく見るので外でも見たいなーなんて思ったりして
60GBのが欲しくなっちゃったんですけど、いかんせん高い。
買えない値段じゃないけど踏ん切りがつかない。
モバイルで見る機会あるの?という疑問もある。

そこで廉価で同じような機能を持ったものはないものかと
探してみたところ、8千円くらいでMP3も動画もいける機種がありました。
ただしメモリーは別途SDメモリーを買わなきゃなんない。
メモリーの容量なんて数GBしかないし。
うーん、無駄遣い。

そこで自分の携帯電話でできないものかと検討しました。
携帯電話をいじってみると、どうも動画機能があるらしい。
iモーションという名前だ。
i(アイ)なんてついてるからにはドコモの標準的な仕様だろう。

分厚いマニュアルを読んでみるも、動画については用語がよくわからないし、
いろんなページに飛び飛びにしか書いてない。
わかりづれー!
しかし可能性があるならやってやるぜ!

という事でお盆休みに入ったのでチャレンジしたのですが、
数時間かけてアニメ数本のオープニング・エンディングを無事取り込むことに成功したのでした。
posted by スイカ太郎 at 17:28| Comment(0) | デジタルギア

2005年11月17日

キャノンセルフィ

そろそろ年賀状の季節ということで激久しぶりにプリンターを買いました。
Canon SELPHY DS810という機種です。
これははがきサイズまでしか印刷できないのですが、その分コンパクト設計で置き場所に困りません。
カラー液晶画面が付いていてパソコンにつなげなくても単体でデジカメ画像をプリントできます。
デジカメのメモリーカードを直接挿して印刷できるのですが、ちょっと教えたら6歳の娘にも簡単にできました。

DS810はインクジェット方式ですが、SELPHYシリーズには他に昇華型のCP710があります。
写真を印刷するだけなら昇華型のほうが綺麗にできるのですが、年賀ハガキに印刷することができません。
またフチ無し印刷も後からミシン目に沿って紙を切り取る方式なのでどうにも面倒臭い感じです。
画質には惹かれましたが今回はインクジェットのDS810を選びました。

プリンターを買ったら新しいデジカメも欲しくなりました。
posted by スイカ太郎 at 22:30| Comment(0) | デジタルギア